© 2019 JOHO. All rights reserved

Scorpio

June 12, 2017

E3 2017 ブリーフィングでmicrosoftより、開発コードネームScorpioで知られる「新しいXbox」が発表されました。

 

CPU/8カスタム x86コア 2.3GHz
GPU/40カスタム CU 1172MHz
RAM/12GB GDDR5
光学ドライブ/4K UHD Blu-ray

499$

 

うーんすごい。液冷対応クーラーも搭載ですって。

 

 

それで一番の特徴はこれ(引用)↓ 

現状、多くの「4K対応ゲーム」は4Kで表示しているものの、テクスチャーやモデルまで含めて4K向けに作っているわけではない。また、レンダリングターゲット解像度は4Kよりも低いものを、表示としては4Kにしている……という場合がほとんどだ。PS4 Proであってもそれは変わらない。解像感とマシンパワー、コストのバランスがとれているところで表現を行なっている。だが、Xbox One Xは「True 4K」を謳い、4Kでのレンダリングを目指す。例えばFORZA MOTORSPORT7では、アセットからレンダリングまで「フル4K」で行い、画質を向上させている。しかも描画は4K・60fpsだ。

(ここまで)

 

なるほど「True 4K」、本物の4K対応ゲームということですね。4K出力ならPS4 proでも可能だ、でもそれは機器に対応、出力されているだけの4KであってTrueではない。Scorpioはコンテンツそのものが4K対応なんだと。この勢い、いいですね。

 

新しい体験の提供となるか。楽しみです。

 

Please reload

RSS Feed
Archive
Please reload

Please reload

Search By Tags

July 25, 2019

July 22, 2019

July 10, 2019

July 1, 2019

June 24, 2019

June 13, 2019

June 11, 2019

Please reload

Recent Posts