ゼルダの伝説最新作

Nintendo Switch 詳細が発表されました。巻き返しは難しいでしょう。

そんな中、ロンチタイトル「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は良さそうです。トレーラーを見てください。

プロデューサーの青沼さんが「初代」をインスパイアしている、と複数回発言をしていますがバシバシその雰囲気を感じます。

初代とは1987年にディスクシステムと同時に発売された「ゼルダの伝説」のこと。自由度が高く、求められる高い戦略性、歯ごたえがある謎解き、などが特徴のゲーム史に残るタイトル。ゼルダの伝説シリーズはその後キラーコンテンツとなり、ニンテンドー64の「ゼルダの伝説 時のオカリナ(1998年)」で頂点を迎えます。素晴らしいゲームでした。

その後も定期で続編が出ており、一定の水準は超えていましたが時のオカリナの出来は超えられなかった。今回はかなり期待できそうです。

欲をいえば正当に進化した次世代機のグラフィックでこの最新作を楽しみたかったですね。トゥーンレンダリングも悪くはないのですが、グラフィックをリッチにすることはこのタイトルの性質上とてもマッチしたはず。

WiiU版を買うか思案中です。

Recent Posts

© 2020 JOHO. All rights reserved