全国版空き家バンクモデル事業

全国版空き家・空き地バンクの構築運営に関するモデル事業」の募集が開始されました。これは横断的に情報を集積・情報提供するプラットフォームを構築することで、空き家の流通を促す取り組みです。

同様の取り組みは県内規模では経験済みですが、全国となると有している要素(システム、物理的なネットワーク、情報蓄積、人的資源)では、採択のハードルはかなり高い。そうなるとどうしても事業計画の筆が進まない。面白くないんです。やらない理由を考え始める自分がいます。

そこで出した結論は「採択の結果に基準をおかずにやってみる」。頑張ってみます。

Recent Posts

© 2020 JOHO. All rights reserved