360°全天球イメージ

「ウィズコロナ」。数社の不動産会社さんから、業務の非対面化についての相談が立て続けにありました。


・第2波に備えておきたい。

・お客さんが非対面を望んでいる。

・オンラインで業務の効率化を図りたい。


など理由は様々ですが、今までなんとなく「検討」していたことがコロナウイルスをきっかけとして「実行」へ移っており、今後同様の相談が増えていくと思います。


・オンライン接客

・オンライン物件案内

・IT重要事項説明 ※現在は賃貸のみ。売買は社会実験中。


オンラインで行う業務を大まかに別けると上記の3つとなり、これらを行う有料の専用ツールも提供されてもいますが、まずは無料のツールをつなぎあわせ簡易的なオンライン対応環境を構築し、実践。経験値を貯めることから始めた方が良さそうです。というのも、対面と非対面では効果的な話し方や案内方法が異なるからです。


実践することで課題が分かります。課題が分かることで、必要なツールの選択が正しく行えます。私自身もこういった相談にかかわらせてもらいながら、経験を積んでいきたいと考えています。


不動産にかかわらず何でもそうですが、商品の詳細な情報提供を実現するほど、非対面化を促進できます。モノの判断が自身で出来ますから。


ココスマとしても、さらに詳細な情報提供をユーザーのみなさんへ行うためのツールとして「360°全天球イメージ」の6月中の実装を準備中です。



Recent Posts

© 2020 JOHO. All rights reserved