インターナショナルビアカップ2019in松本

インターナショナルビアカップが松本で開かれました。地方都市では初開催!審査後は世界のクラフトビールを試飲できる「感謝試飲会」があるんです。この機会を逃すものかとスケジュールを調整して行ってきました。


受付でわくわくする。専用グラスを渡されます。1回(1杯)50mlずつですが飲み放題です!


試飲会場はドラフト(樽出しの生)とボトルで分かれていました。


注がれるのを待つドラフトのクラフトビール達。これが飲み放題だとは夢のようです。


滝川クラフトビール工房の北海道空知ペールエールが美味しかった~!1番早く無くなって外れていました。


鹿児島の 桷志田 (かくいだ)。マンゴーIPAも個性的だった。スパイシー。


ドラフトを全種類飲み、おかわりし、堪能して次はボトルの試飲会場へ。


審査員なのかブルワーなのか、国際イベントでもあるので外国人の方も沢山。


こんな感じでボトルも飲み放題です。自分でサーブします。


ラベルのテキストを読んで飲みたい味のビールを選ぶというよりは...


ラベルの見た目で選んで飲みます。酔えば酔うほど、そうなっていく笑。


カワイイデザイン。味は....全然リンクしなかった。


アジアにも沢山のクラフトビールがあるんだな~。


いたるところに開栓を待つクラフトビールがごろごろ。夢のようです(2回目)。


クラフトビールのイベントは人を笑顔にしますね。


30~40種類は飲んだところで、今度は会場ヨコの松本ブルワリーへ流れ込む...


なぜなら、50ml¥100で松ブルのビールが飲めるから!ほぼ全種類飲んだことがあるのだけれども、お腹もタプタプなのだけれどもファンを自認するのであれば見過ごせません。飲んだことがなかったハニーエールと開智IPAをいただく...。


締めは今回の審査「D.American Heritage」部門で見事チャンピオンとなった松本ブルワリーの「Incredible DIPA」で。


松ブル代表の林さん、ブルワーの勝山さん。少しお話ができた。ビールづくしの1日で記念になりました。

© 2020 JOHO. All rights reserved